誰も話さないオタクとお金の話(救済:結婚編)

ここでは資本主義地獄の中でみんなが一生楽しいオタクライフを過ごしてもらうためのライフハックを記載します。

結婚とか「そもそも相手がいない!」とか「必要としていない!」と思っている人もちょっと待ってね。知識を持つ事で判断できることもあるので。

・結婚とか考えてます?
最近の若者は結婚について「リスクばっかりで何も良い事は無い」と語る人が多いです。と、老害的に書いてみたけど、皆さんはどう思いますか?よく結婚の良い点は「愛があれば困難は乗り越えられる」「幸福は2倍・不幸は1/2になる」などが挙げられますよねー。いやぁ、今の若者はそんな、分かり辛く眼に見えない精神論では動きません!もっとKPI的な形で結婚の利点を挙げて見ましょう。

その1:二馬力なめんなょ!ピキピキ(特攻の拓風)
俗に言う「ダブルインカム」というやつですね、何か必殺技っぽい響きがします強そう。
言わずもがな、利点として2人分【ダブル】の収入【インカム】ができ生活は安定しますね。
この安定というのがとても大切です。詳しくは>>その2で。
加えて2人とも年金に加入していれば老後資金はかなり緩和されます。
もし片方のみが加入している場合でも一定額以下の収入であれば片方の扶養に入れます。これによって税金的優遇という恩恵も受ける事が可能です。詳しくはこちらをどうぞ。社会保険、扶養の条件は?健康保険と厚生年金の扶養条件をわかりやすく解説
その代りに「私、専業主婦になりたいの…」という世間知らずのお嬢様と結婚できなくなります。そういうタイプが好きな人は二次元にセカンドワイフを用意すれば万事解決だよ、やったねタエちゃん!

利点:2人分の収入を得る事ができる
欠点:専業主婦は二次元に用意することになる。

その2:右ブースターに被弾!しかし左がまだ生きている!(エリア88風)
怪我や病気のリスクというのは生きていればどうしても付いてくる。若い内はあまり考えないが一度しっかりと考えた方が良い。詳しい内容ははリクエストがあれば後日。
話を戻して、例えば一般敵には国民健康保険には加入しているのである程度の庇護はされるが、大病を患った際はどうしても会社やアルバイト先を辞めなくてはならなくなる。そうなった際、貯金を切り崩し生活しなくてはならない。最悪の場合は貯金も底をつき実家へ強制送還待った無し!…しかしここで結婚していた場合どうだろうか。
収入は減り生活は厳しくなるが、まだ耐え凌ぐ事ができる。そしてまた働けるようにまでの期間は低空飛行でも墜落せずに行けるのだ!これは病気以外のその他の見えないリスクと戦う際にかなりのアドバンテージになる。
こんな話もあるみたいですが:年収600万の1馬力、年収800万(400+400)の共働き。あなたの価値観は?

利点:どちらかが病気や怪我をした際に片方の収入で存続できる
欠点:もう一人を助ける覚悟と責任を背負う

その3:みんなでご飯を食べよう(クッキングパパ風)
人間生きていくためには何かしら食べなくてはならない。そして食費というのは案外大きい。1人暮らしで外食メインとなると、1日の食費が2千円で月に5万円前後かかっている人も多いだろう。下手すればそれ以上も…。
これを、もし内食などの手弁当を作る事で1/2ぐらいに抑えられたらどうだろうか。そしてその余りを貯金に回せたらどうだろう。
しかも、これの利点は他にもある。外食ばかりの偏った食生活から来る健康リスクも緩和されるのだ。生活習慣病というのは若うちは気づかないだろうが10年後にいきなり襲ってくる。人間いつまでも若くはないのだ(経験済)
食事に視点をあてていたが他の家事にも言える。掃除や洗濯も量が2人分になっても作業量は2倍にはならず、せいぜい1.5倍だろう。
しかし家事が火種で喧嘩になる事なんてザラなので、そこは先人の知恵を拝借して対応しましょう。共働きの夫婦必見!家事分担でもめないようにするコツ

利点:出費を抑えられ、健康リスクも軽減できる
欠点:外食の楽しみが減り、家事が増える(効率化可能)

その他よく挙がるQ&A
とりあえず列挙

Q.結婚して趣味の時間とか減らないの?
A.結婚する人次第。話し合える人を探しなさい

Q.趣味を否定したりする人と結婚したくない。
A.オタク隠したりして付き合ったりするとそうなる。ちゃんと話し合いなさい。

Q.親戚付き合いとか大変じゃない?
A.年にだいたい10人日ぐらい必要だけどそこはリスクヘッジでしょう

Q.結婚式するお金が無い。指輪買えない。
A.別にしないでも大丈夫だよ、紙1枚で契約終了

Q.周りに結婚相手がいない
A.理想が高いんじゃないの?そこは別途相談にのるよ(有料)

Q.異性に興味が無いんだけど
A.じゃあ共同生活してくれる人探しなさい。破綻リスク強めだけど。

Q.結婚相手を探すより趣味が楽しい
A.その趣味を続けるためにも今頑張れ。

・思う所
「お金のために結婚するのか!汚い!!」とお怒りの人が、少なからずいらっしゃるでしょう。
それも御最もです。しかし、お金とリスクを「お互いが背負う責任を共有する」という風に考えてみてはどうでしょうか。そこには俗に言う「愛」があるのではなかと思います。どうしてもこういう話になると綺麗な話ばかりになるで、生きていくために大切なお金という、フラットで分かりやすい指標を元に生きていくためのひとつの選択肢として書いてみました。

これを機会に一度真剣に考えてみてはいかがでしょうか。

そういえばこんな漫画があった。
ネットで会って30分で結婚を決めた話

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*