SNSの見たくない情報にまだ悩まされてるの?

    「SNSで嫌なの見ちゃった悲しい」
    「あんなことFBに書くとかマナー違反だよね」
    「あいつネタバレ呟いたからリムブロしたわ」
    「Insta自慢ばっかりじゃねーか」
    「あんな書き込みをする奴は邪教徒だ!駆逐してやる!これは聖戦だ!」

光速情報化社会
最近のSNSは凄い!今日の天気から交通情報・災害事件・友人の離婚や知らないおじさんの性癖など、ありとあらゆる情報がSNSで即時発信&周知される時代になった。便利な世の中!
最近だとTVニュースも事件や事故が発生した速報はSNSを情報源にしてるぐらい。ソースの信用度はどうかと思うけど凄いね!

いる情報いらない情報
しかしながら凄い勢いで情報が流れてくる。もう玉石混合。いる情報もいらない情報も。
例えば知らないカップルのチュープリや性癖なんて見たくないし知りたくないし必要ないし飯のタネにもならない。
しかし昨今のSNSではRTやファボやまとめなど自分が不要な情報でも目に入る仕組みになっている。
「ふーん」程度で流せる情報ならまだいいが、そういかない「マジチョーウザインデスケド!」な人もいっぱいいる。

見たくない情報(嗜好情報)
世の中には多種多様な嗜好を持ってる人がいる。
猫が好き・犬が好き・ロリが好き・BLが好き・おじさんが嫌い
しかし
猫が嫌い・犬が嫌い・ロリが嫌い・BLが嫌い・おじさんが嫌い
自分とは相反する嗜好を持った人もいる。
不快なものはどうしても魂のレベルで受け入れられない。あとおじさんは好かれない。
できれば眼に入れたくはない。

見たくない情報(規制情報)

    桃太郎が鬼退治で勝つ
    犯人はヤス
    城之内死す
    ラストシーンで暁美ほむらが親指を立てながら溶鉱炉に沈んでいくシーンは涙無しには見られなかった。

などなど俗に言うネタバレ【(小説、劇、映画、漫画、ゲーム)の物語上の仕掛けや結末といった重要な部分を暴露してしまうこと】である。
ワールドカップなどの早朝や深夜に行われる有名スポーツの勝敗や結果などもそれに当たったりする事もある。
自分の楽しみが大きく阻害される可能性がある。
できれば眼に入れたくはない。

何故、見たくない情報を流す人がいるのか
小学校の道徳で「人が嫌がる事をしちゃいけません!」と教わったのにね!
しかし存在するのだから理由はあるはず。上記の2種類から推測される理由は

    ・嗜好情報は自分の好きなもの発信し共有したいという欲求
    ・規制情報は自分が得た感動を発信し共有したいという欲求

このような社会的共有共感欲求から来るものだと考えられる。

どうにかならないの?
共有欲求・共感欲求というのは人間の根本から来るものなので
モラルやマナーで縛ってもインモラルを是とする人もいる。
全人類の知的レベルの統一化なんてそれこそSFである早く電脳にしたい。
加えて、正論でも思想の異なる相手に押し付ける形になると戦争が始まる。そりゃあもう、てんやわんやさ。

o0640034612388347696

世の中に不満があるなら自分を変えろ。それが嫌なら、耳と目を閉じ、口をつぐんで孤独に暮らせ!!
草薙素子メスゴリラパイセンのありがたいお言葉です。周りを恨むのをやめて自分を変えた方が幸せになれる。
もうさ、そろそろ諦めようぜ

自衛策はある
・嗜好情報について
これはある程度の情報元の精査とスルースキルで対応できる。
ツイッターならフォロワーを整理すれば大半は防げる。それでも周ってくるRTには
「そういう嗜好もあるよね、自分には分からないけど」とスルーすればいい。
今後SNSをやる上でそのくらいの器量は必要不可欠かと。

・規制情報について
これがとても難しい。正直諦めた方が良いと思うが試策はある。
まず時間的に余裕があるなら、規制情報を先んじて取得してしまえばいい。
例えば、好きな映画は初日に行く。漫画は発売日に読む。など先手必勝!

撤退という選択肢
しかし忙しい人にはとても不向きな対策だろう。
もうその場合は、規制情報を取得しないようSNSから一旦離れるしかない。
それでもSNSから離れられない人は中毒なので諦めるしかない。
情報の取捨選択権は常に自分にあることを忘れないでほしい。

みんな幸せになれるといいね!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*