下流オタク老後破綻論を読んで

町田メガネ(@machidamegane)さんの下流オタク老後破綻論、今回もコミケに行けないので諦めていたが、嬉しいことに通販が開始されていたので応募。読みたかった本が手に入ったので感想を書こうと思う。

・はじめに

冒頭に”世間でいう所の「ちゃんとした人」や未来ある若者の方は特に読み進める必要ありません”
とあったがそんなことはない。自分の周囲、または誰にでもそうなりうる可能性は潜んでいる。
[筆者について]自身の体験をもとに書いたものには説得力がある。重さが伝わってくる。
[警告された私達]では30代・40代が歩んできた地獄とこれから歩むであろう地獄について記載があり
自分も「オタクの大航海世代」であり「普通に生きようしても辛い世代」で当たるので頷ける内容ばかりだった。

・本論

下流オタクの定義を明確にし、コミックマーケットの理念と実相などの資料を基にオタクの特徴ついて取り上げている。
そして結婚率から[独身リスク]というオタク以外の現代日本社会で問題視されているテーマについても記載がある。
個人的には10年以内に趣味で細分化された集団生活コミュニティがシェアハウスともまた違った形で普及するのではないかと見ている。詳しくはまだ今度。
[破綻のはじまり]ではオタクがオタクとして死ねるか否かについて、貯金・年収・健康・親の介護など耳が痛い内容を具体的に記載している。
オタクの綱渡り人生。[はじめに]でも触れていたが、オタクでいられなくなった時、その綱から奈落へ落ちる覚悟のある人間はどのぐらいいるのだろうか。そんなことを考えさせられた。
[労働]についてでは、無職を含めた低収入について論じている。著者の体験談からオタクと就職・過労・離職について書かれていた。しかし取り上げた1つ1つが重いセンテンスなので、この文量で語るのは難しく感じた。1つ1つ切り分けた方が分かりやすかったかなと。
現在社会がとりまく女性の就業問題について[女性が圧倒的に不利な社会]では取り上げている。女性が社会進出しやすい世の中になったが、まだ男女平等とはいかない実情を感じた。
個人的に意外だったのが[年金]について書かれていた点。ネット全般で「年金を払わない」ことを肯定している意見が多い中、著者は年金支払を推奨している。自分もこれには賛同する。一人でも年金支払者が増えることを祈る。
[婚活]では恋愛以外の目的、つまり生活の基盤強化を期待とした婚活を提案している。近年、話題になっているオタクの婚活サービスなどについても触れていた。
オタク問わず昔に比べ、SNSの普及もあり出会いについてのハードルは低くなった。しかし趣味の多様化や価値観の尊重によって恋愛や結婚についてのハードルは高くなっているように考える。
果たしてこの状況はオタクにとって幸せなのだろうか。そこはまだ自分も見えてはいない。

・終章

老後の貯金[3000万の貯金]で語る下流オタクと一般オタクの「金がない」の違いについては面白かった。確かにSNSでこれを錯覚している人は少なくないと感じる。またここ10年でオタクの拝金率を急激に増加させたソシャゲ課金について。課金という行為を否定するつもりはないが、自己をコントロールできない人の人生を狂わせてしまう可能性を忘れてはいけない。それは煙草と健康被害の関係に近いのかもしれない。
[相談する力]で語られる専門家への相談について。最適解を求めるのならベストだが、いきなり専門家というとオタクにはハードルが高いと思われる。なので最初は身近な人に少しずつ相談するのが良いのかもしれない。もしそれでも相談相手が見つからない場合は、匿名でも相談を受け付けているような人間もいるのでそこを頼ってほしい。

とても良い本をありがとうございました。
これを読んで一人でも幸せになれる人が増えることを願います。

次回作も期待しています。

追伸:自分が以前に書いたものも参考になると思うので「下流オタク老後破綻論」が気になった方はご参考に。
誰も話さないオタクとお金の話(ようこそ地獄の入り口へ)
誰も話さないオタクとお金の話(救済:結婚編)
誰も話さないオタクとお金の話(サラリーマンくん編)
誰も話さないオタクとお金の話(実家フリーターくん編)
誰も話さないオタクとお金の話(派遣OLさん編)
人生安全チェック(SIM3的)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*